東海エリアを中心に活躍するVRクリエイター集団のページ

既知の問題とトラブルシューティング

本コンテンツはOculusVR社のOculus Unity Mobile Integration Guideを日本語訳したものです。
※Unity開発に必要なもののみ翻訳しているため、一部省略されている箇所があります
翻訳内容に関する問題・指摘などあれば、訳者:@kimi_dropcまでご一報ください。

既知の問題とトラブルシューティング

このセクションでは、どちらUnityまたはインテグレーションパッケージの以降のリリースで修正される予定のUnitySystemIntegrationといくつかの既知の問題に関しての概要を説明します。

この問題を回避するには、この時点でいくつかの問題を補償するために利用可能である。

PC

ディスプレイをターゲット

フルスクリーンモードでのRiftでアプリケーションを実行するには、標準のバイナリの隣に位置して<< AppNameは>>_ DirectToRift.exeファイルを使用します。これは、直接(Direct HMD Mode)、拡張モード(Extend Display Mode)で動作します。出版ビルドするときに、これらのファイルと<< AppNameは>>_Dataフォルダの両方を含む必要がある。

Riftサポートを有効にするには、内部OVRShimLoaderスクリプトはあなたの1920×1080のフルスクリーン解像度に構築され、デフォルトではユニティの起動スプラッシュスクリーンを抑制し強制します。あなたはまだそれにアクセスし、打ち上げ直後に、Altキーを保持することによって、あなたのプレーンな実行可能ファイル(<<appname>>.exe)の実行時に設定を変更することができます。この動作を無効にするには、設定を編集するためにナビゲート…>Oculus VRとチェックを外し最適化は、リフトボックスのために構築します。

ダイレクトモードディスプレイドライバ

ドライバーがダイレクトモードのときは、リフトアプリケーションがウィンドウで実行し、リフトにミラーリングされます。あなたはOVRManager.mirrorToMainWindowをオフにすることで、この動作を無効にすることができます。

エディタワークフロー

あなたはユニティエディタでアプリケーションを実行する予定の場合は、拡張モードを使用する必要があります。あなたがダイレクトモードで実行した場合、黒い画面が表示されます。
Build&Runオプション(CTRL+のB)はすべてのドライバモードでは推奨されません。私たちは、あなたがそれを実行せずにスタンドアローンプレーヤーを構築し、ビルドによって生成<< AppNameは>>_ DirectToRift.exeファイルを実行をお勧めします

モバイル

ゲームのシーンは存在しないか、またはUnityのPlayを押したときにだけ背景色をレンダリングしている。

[Project Path]/Assets/Plugins/ フォルダをチェックして、Oculusプラグインが移動していないことを確認してください。詳細については、Unityコンソールを参照してください。

最新のOculus UnityIntegrationパッケージをインポートした後、あなたのゲームが例外を生成しています。

それはあなたのカメラのPrefabを更新するために必要とOVRフレームワークに加えられた変更があった可能です。
これを行う最も簡単な方法は、あなたが使用していたカメラコントローラPREBの間の変更(OVRCameraControllerまたはOVRPlayerController)と新しいものを比較し、変更内容を比較することである。

それはOVRPlayerController変換OVRCameraController子と交換することが変換可能性がありOVRフレームワークに加えられた変更があった可能です。背中の値を交換すると、この問題を修正する必要があります。

最新のオクルスユニティ統合パッケージをインポートした後、レンダリングが破損しています。

私たちは、風景であるとの向きが必要です。 Player[設定][ あなたの defaultOrientationに設定されていることを確認してください

最新のオクルスユニティ統合パッケージをインポートした後アプリはVRアプリとして起動しません。

あなたはあなたが統合をインストールするシステムに管理者権限を持っていることを確認

チームのライセンスとPERFORCEの統合で、最新のオクルスユニティ統合への更新に関する問題が有効になって。

あなたはチームのライセンスを持っているとPERFORCEの統合が有効になった場合は、更新したユニティ·パッケージをインポートする前に手動でOVRとプラグインフォルダをチェックアウトする必要があるかもしれません。

アンドロイドのためのアプリケーションを構築することはZipalignエラーで失敗することがあります

あなたはzipalign約次のエラーで失敗を構築している場合:

Error building Player: Win32Exception: ApplicationName=’D:/Android/sdk\tools \zipalign.exe’, CommandLine=’4 “C:\Users\Username\Documents\New Unity Project 1\Temp/StagingArea/Package_unaligned.apk” “C:\Users\Username\Documents\New Unity Project 1\Temp/StagingArea/Package.apk”‘, CurrentDirectory=’Temp/StagingArea’

これは、あなたがSDKの\ Toolsディレクトリにするために構築しているAPIレベルからzipalign.exeをコピーすることによって固定することができる。これを見つけるには、あなたが構築しているAPIレベルのフォルダに、あなたのSDKのインストールでビルドツールのディレクトリに見える。
あなたはAPIレベル19をターゲットにしている場合は、ディレクトリは19.1.0\ SDKの\ビルドツールです。 SDKにzipalign.exeコピー
\ツールとは、再びあなたのプロジェクトをビルドしてみてください。

連絡先

質問がありますか?

https://developer.oculus.com 弊社の開発者サポートフォーラムをご覧ください

弊社サポートセンターは https://support.oculus.com でアクセスすることができます 。

PAGETOP
Copyright © 近未来ラボ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.