東海エリアを中心に活躍するVRクリエイター集団のページ

はじめに

本コンテンツはOculusVR社のOculus Unity Mobile Integration Guideを日本語訳したものです。
※Unity開発に必要なもののみ翻訳しているため、一部省略されている箇所があります
翻訳内容に関する問題・指摘などあれば、訳者:@kaniponまでご一報ください。※このページは現在ほぼ機械翻訳のままです

はじめに

ようこそOculus Unityデベロッパーガイドへ

このドキュメントでは、オキュラスPCと モバイルSDKとVRデバイスのUnity3Dゲーム及びアプリケーションを開発する方法について説明します。
Unity統合パッケージ、サンプルUnityアプリケーション、およびモバイルSDK Unityサンプルは、PC及びあなたがUnityでバーチャルリアリティのアプリケーションの作成を支援するモバイル開発のために利用可能です。

このガイドでは以下の説明をします

  • 準備
  • オキュラスUnityインテグレーションパッケージのダウンロードとインストール
  • インテグレーションパッケージの中身
  • サンプル、アセット、及びサンプルアプリケーションを使用する方法
  • 各ターゲットへUnityVRプロジェクトをビルド

このUnityインテグレーションは、オキュラスリフトのためのPCの開発環境で使用できます。
また、サムスンGearVRのためのモバイルSDKにバンドルされており、PC/Androidどちらのビルドも可能です。PC Unityインテグレーションは、現在、ターゲットがPCに限定されています。マルチプラットーフォームにビルドする場合、PCとモバイルでは、要件と最適化が大幅に異なります。プロジェクトをPCとモバイルでビルドさせたい場合、モバイルデベロップメントベストプラクティスに厳密に従うことが重要になります。

このドキュメントでは、モバイルUnityインテグレーションリリース0.5.0について説明します。このガイドのは、PC Unityインテグレーション0.5.1に適用されます。例外がある場合、はっきりとその旨が示されます。(例えば、OVR内のMoonlightフォルダに含まれているアセットは、モバイル開発にのみ適用される)

必要条件

システムとハードウェアの必要条件

ハードウェアがサポートされていることを確認するため、関連するドキュメントを参照してください:

ドキュメントのダウンロードはこちら:https://developer.oculus.com/documentation/

Unityでの開発をはじめる前に、SDK Unityのデモアプリケーションが実行出来ることを確認してください。

Unityの必要条件

オキュラスUnityインテグレーションは、UnityPro 4.6.3以降と互換性があり、Lollipop(Android5.0)のサポートが含まれます。
Unityの無料サポートは、Unityの4.6以降で利用可能です。UnityのProとUnityのフリーの間での機能セット比較はここでも紹介されています:http://unity3d.com/unity/licenses

: Unityライセンスの間に大きな機能のサポートの違いがあります。以下のようにだけでなく、1パスにかなりのリソースをコミットする前にUnityののウェブサイト上でライセンス比較引用さの制限を確認してください。ライセンスの選択は、性能特性と、アプリの配布の必要性に大きく依存します。

ゲームパッドコントローラ

デモアプリケーション向けに、互換性を持つゲームパッドコントローラ(例えばWindows版Xbox 360コントローラ、マックまたはサムスンEI-GP20のためのHID対応ゲーム・コントローラまたはGear VRのための他の互換性を持つコントローラ)の利用をおすすめします。

インストール

すべてのOculus Unityでの開発素材は、我々の開発者サイトでダウンロードできます: https://developer.oculus.com/downloads/

Oculus Unityインテグレーションは、供給された開発リソースの心臓部である – UnityにVRとの統合のために必要な必要なファイルの最小セットをインストールします。我々はまた、開発を支援するための様々なアセット、スクリプト、およびサンプルアプリケーションが含まれている。

モバイルSDKには、そのようなシンプルな客室、メニュー、および多くのような一般的な資源の構築と使用を示すUnityのサンプルソースコードが含まれています。これらは、フォルダSDKExamplesに見出すことができる。詳細については、OculusモバイルSDKExamplesを参照してください。

PC Unityインテグレーションに含まれます

  • OculusUnityIntegration

モバイルSDKには以下のものが含まれます

  • OculusUnityIntegration
  • BlockSplosionサンプルアプリケーション(ソースコードとビルド前のAPKパッケージ)
  • Shadowgun サンプルアプリケーション(ビルド前のAPKパッケージ)
  • SDKExamples(ソースコード)

開発のための準備:PC SDK

PC用に開発するとき、私たちはオキュラス開発者ガイドオキュラスベストプラクティスガイドから始めることをお勧めします。情報や偉大なVR体験を開発するためのガイドラインが含まれており、オキュラス対応のゲームを設計する際にGoが-を参照すると考えるべきである。

Direct modeディスプレイドライバ

Windowsでオキュラスは、ユーザーが直接表示モードとして知られている機能が含まれているオキュラスディスプレイドライバをインストールすることをお勧めします。
ダイレクトモードでは、ドライバではなく、標準のWindowsのディスプレイのアプライアンスとして動作し、あなたのRiftになります。
アプリケーションはドライバをロードし、初期化する前に、それへのポインティングレンダリングによるRiftをターゲットにしています。これがデフォルトの動作です。互換性のために、リフトもまだ、Windowsのモニターとして使用することができます。
これは、Extended Display Modeとして知られています。Extended Modeがアクティブの場合、無オキュラスの介入で、いつものように作品をレンダリングする。あなたはOculus Configuration UtilityのRift Display mode画面からモードを選択することができます。
Direct modeドライバは、Windows以外のプラットフォームではまだ使用できません。

推奨構成

私たちはあなたのプロジェクトで以下の設定をお勧めします。

  • Windowsでは、Direct3Dの11を有効にしてください。
    D3D11とOpenGLは、最も先進的なVRのレンダリング機能を公開します。いくつかの場合でD3D9を使用すると、画質やパフォーマンスがわずかに減少します。
  • リニアカラースペースを使用してください。リニア照明だけでなく、シェーディングのために、より正確である、それはまた、/ sRGBのを読み実行する眼のテクスチャに書き込むためにUnityを引き起こす。これは、目のテクスチャが若干大きく、ダイナミックレンジで補間されたVR歪みレンダリング、中にエイリアシングを減らすことができます。
  • 決してディスプレイのクローンを作成しない。リフトが別のディスプレイにクローン化された場合、アプリケーションが適切にVSYNCしない場合があります。
    これは目に見える裂けやジャダー(吃音または振動運動)につながる。
  • Windowsでは、常にDirectToRift.exeを実行します。でも、拡張モードで、DirectToRift.exeはリフト上でアプリケーションの実行フルスクリーンになります
  • Unity Editorを使用する場合は、Extended Display Modeを使用しています。ダイレクトモードは現在、スタンドアロンのプレーヤーのためにサポートされています。ユニティエディタでそれを使用すると、リフトに黒い画面になります。

開発のための準備:モバイルSDK

モバイル用に開発する際に、完全に関連するパフォーマンスと設計文書、特にモバイルUnityベストプラクティスガイドをすべて確認するようにしてください。モバイルアプリはより厳格な制限と要件と基礎から考慮すべき計算の制限を受けます。
私たちはあなたのUnityの環境に統合されたあなたのオキュラスデバイスを得るためのプロセスは、楽しさと簡単な経験であることを願っています。

無許可配布のアプリを保護するために使用される資格検査は、ユニティではデフォルトで無効になっています。詳細および手順については、モバイルSDKドキュメントのVRプラットフォーム資格のチェックを参照してください。

私たちはあなたのUnity環境に統合あなたのオキュラスデバイスを得るためのプロセスは、楽しさと簡単な経験であることを願っています。

PAGETOP
Copyright © 近未来ラボ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.