東海エリアを中心に活躍するVRクリエイター集団のページ

デバイスおよび環境設定

本コンテンツはOculusVR社のOculus Mobile Development Documentationを日本語訳したものです。
 ※Unity開発に必要なもののみ翻訳しているため、一部省略されている箇所があります
翻訳内容に関する問題・指摘などあれば、訳者:@kaniponまでご一報ください。

デバイスおよび環境設定

モバイルVRアプリケーション開発者のためのデバイスと環境セットアップガイド

はじめに

ようこそOculus VR モバイルソフトウェア開発キットへ!
このSDKはSamsung Gear VR用の、高パフォーマンスで高品質な完全没入型バーチャルリアリティアプリケーションを実装する方法を示します。

SDKのインストール

モバイルSDKアーカイブのインストールを始めます。
モバイルSDKは、ソースコードとメディアの両方を含む.zip形式で圧縮されたアーカイブから構成されています
ファイル: ovr_mobile_sdk_<バージョン>.zip

ダウンロードすると、ZIPファイルの中身を任意の場所へ解凍します(例: C:\Oculus\Mobile)

デバイスセットアップ

このセクションでは、あなたのサポートされたデバイスとゲームパッドの動作、デバッグ、GearVRアプリケーションをテストする方法に関する情報を提供します。

このSDKのリリースでサポートされているデバイスのリストについては、前述の「サポートされるデバイス」をご確認ください。

:この情報は、このドキュメントの発行時点で正確なものです。
残念ながら、私たちはこれらのページに記載されているサードパーティアプリケーションのいずれかの一貫性や信頼性を保証することはできません、また説明するサードパーティ製のアプリケーションのいずれかのサポートを提供することができます。

Androidデバイスを検出するためのシステム設定

Androidデバイスでアプリケーションを実行、デバッグ、テストするためにUSB接続でAndroidデバイスを検出するために、システムをセットアップする必要があります。

USB経由で接続したときにデバイスが自動的にシステムで検出されない場合は、手動でドライバーを更新する必要があります。より詳しい情報は、以下の「ハードウェアデバイスを使用する」セクションに記載されています
http://developer.android.com/tools/device.html

Windows

Windows上で開発している場合、あなたは、ADB用のUSBドライバをインストールする必要があります。OEMドライバのインストールガイド及びリンクについては、AndroidのOEM USBドライバのドキュメントを参照してください。

サムスンのAndroid driverはデベロッパーサイトで見つけることができます。
http://developer.samsung.com/android/toolssdks/Samsung-Android-USB-Driver-for-Windows

※(5/6更新)落とせなくなっていたので修正しました。
下記サイトの”SAMSUNG_USB_Driver_for_Mobile_Phones.zip (15.3MB)”をクリックしてダウンロードして下さい。

http://developer.samsung.com/technical-doc/view.do?v=T000000117

Windowsが自動的に正しいデバイスを検出し、あなたのコンピュータのUSBポートにデバイスを接続したときに適切なドライバをインストールすることができます。
Windowsがデバイスを検出できない場合、仮にデバイスが自動的に検出された場合でも、Windowsのデバイスマネージャを使用してドライバを更新する必要があるかもしれません。

Windowsのコントロールパネルからデバイスマネージャにアクセスします。デバイスが自動的に検出された場合は、デバイスマネージャでポータブルデバイスの下に表示されます。そうでない場合は、デバイスマネージャ内の他のデバイスの下を見て、手動でドライバを更新するデバイスを選択します。

ドライバがデバイスを正常に認識していることを確認するには、コマンドプロンプトを開き、コマンドを入力します。

adb devices

:あなたは、このコマンドを正常に使用するためにあなたのAndroid開発環境をセットアップする必要があります。詳細については、次のセクションを参照してください: Androidの開発環境のセットアップ

デバイスが表示されない場合、デバイスは十分なバッテリー残量がある事と、ドライバが正しくインストールされていることを確認してください。

Mac OS

あなたがMac OS X上で開発している場合は、USBドライバをインストールする必要はありません。

サムスンデバイスは、Android File Transferをインストール勧める通知が表示されることがあります。OS XとAndroid間でファイルを転送するための便利なアプリケーションです。

デバッグのためのAndroidデバイス設定

Androidデバイス上でのデバッグアプリケーションをテストするには、デバイス上の特定の開発者向けのオプションを有効にする必要があります。

Note 4 開発者向けオプション

次に開発者向けオプションが表示されている場合があります:Home -> All Apps -> Settings -> System -> Developer options

デフォルトでは開発者向けオプションは隠れている場合があるので、その時は次のステップを実行して表示させる必要があります。

  1. Home画面で -> All Apps -> Settings -> System -> About device を選択
  2. Build numberへスクロール
  3. Build numberを7回押します

開発者向けオプションが有効になった通知が出ます。

Developper option を見つけ、有効にします

USB Debuggingを有効にします : ツールがインストールされUSB経由でアプリを展開することができます。

図のような画面が表示されるはずです。
Figure 1: Samsung Galaxy S5  Galaxy Note4へ差し替えました
※(5/6追記)ポップアップが待っても表示されない場合は adb devices コマンド送ると出るかも

Screenshot_2015-03-31-14-45-00_masked

Note:上記の画面が表示されない場合は、システムがデバイスを認識していることを確認した後、USB Debuggingを切り替える。

Always allow from this computerにチェックが入っている事を確認し、[OK]を押します。

USBデバックの許可リストからパージするには、Revoke USB debugging authorizations を押し、[OK]を押すとUSBデバック権限を取り消します。

擬似ロケーションを許可する(Allow mock locations):これは、デバイスに擬似位置情報を送信することができます(アプリで位置情報サービスを使用するのに便利です)

USB経由でのアプリを確認します(Verify apps via USB):有害な挙動がないかADB/ ADTからインストールアプリをチェックします。

Display Options

次の設定を表示します: Home -> Apps -> Settings -> Sound and Display

Lock screen/Screen Security/Screen lock:Noneに設定すると、ホーム画面はスワイプまたはパスワードなしで、すぐに使用可能です。便利な迅速で、電話から取得します。

Display/Screen timeout:時間をあなたの好みのものにセットしてください。デバイスに頻繁にアクセスしていなくて、スクリーンをデフォルトの30秒より長く起動させておきたいならば、役に立ちます。

詳しくは Android Debugging の情報を参照してください。

Androidの開発環境のセットアップ

このセクションでは、Oculus Androidのモバイルアプリケーションを構築するためのAndroidの開発環境のセットアップと構成で必要な事について説明します

: 2015年2月の時点で、Androidは公式にAndroid Studioシステムを支持しEclipseベースのSDKは非推奨になりました。我々は彼らの新しいIDEとの統合のため開発者の手順を更新中です。Unityはすでに完了しています、我々は開発者がこのガイドで参照ツールやバージョンをダウンロードしてインストールし続けることをお勧めします。このガイドが公開されたときに、指定されたアドレスからのダウンロードは可能でした。アップデートをご確認ください。

Windows向けAndroid開発ソフトウェアのセットアップ

Androidアプリケーションを開発するためには、次のソフトウェアがシステムにインストールされている必要があります。

  1. Java Development Kit(JDK)
  2. Android Development Tools(ADT)Bundle
  3. Android Native Development Kit(NDK)
  4. Apache Ant
Java Development Kit (Java開発キット/JDK)

Java開発キットは、AndroidのEclipse IDEだけでなく、Apache Antのための必要です。

このリリースでテストされている最新バージョンはJDK8u11です。次の場所からのお使いのOSに適切なバージョンをダウンロードする必要があります:http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/javaarchive-javase8-2177648.html

: 2014年10月の時点でJDKのWindowsのx86バージョンは、Eclipseと互換性がないようで、使用することはできません。

ダウンロードしてインストールしたら、JDKのインストール場所を、例のように環境変数へJAVA_HOMEを追加・設定する必要があります:

  • x64バージョンをインストールした場合 C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_11
  • x86バージョンをインストールした場合 C:\Program Files (x86)\Java\jdk1.8.0_11

JAVA_HOME変数に引用符が含まれていないことを確認してください。あなたはコマンドラインから設定する場合、正しい構文は次のとおりです。

set JAVA_HOME=C:\Program Files (x86)\Java\jdk1.8.0_11

パスにスペースがあっても、setコマンドで引用符を使用しないでください。
また、インストールパスを確認してください – この例では、Java SEの8u11のデフォルトのインストール先に基づいています。

Android Development Tools Bundle(Android開発ツールバンドル/ADT)

Android開発ツール(ADT)バンドルには、JavaのAndroidアプリの開発を開始するために必要なすべてのものが含まれています。

  1. Android SDK Tools
  2. Android Platform Tools
  3. Latest Android Platform
  4. Eclipse with integrated ADT Plugin
  5. Latest System Image for Emulator

ADTバンドルは、32ビットまたは64ビット版で提供されます。これは、上記の選択したJDKのオプションと一致する必要があります。
次の場所にADTバンドルの適切なバージョンをダウンロードします。

ダウンロードししたらzipファイルを解凍し、あなたのAndroid開発フォルダに保存します。例:

C:\Dev\Android\adt-bundle-<OSプラットフォーム>\

PATHにADT SDKツールやプラットフォームのツールを追加します。例:

  • C:\Dev\Android\android_adt_bundle_20140702\sdk\tools
  • C:\Dev\Android\android_adt_bundle_20140702\sdk\platform-tools

Android SDKの場所を環境変数ANDROID_HOMEとして追加・設定する必要があります。例:

C:\Dev\Android\android_adt_bundle_20140702\sdk

  • set ANDROID_HOME=C:\Dev\Android\adt-bundle-windows-x86-20140702\sdk
 追加パッケージとツールのインストール

Android SDKは、デフォルトでは開発のために必要とするすべてのパッケージを含みません。始める前に、SDKマネージャーを通して追加パッケージをダウンロードする必要があります。

注:SDK Managerを起動する前に、JDKがインストールしていることを確認してください。SDK Managerが起動に失敗することがあります。

  1. AndroidのSDKマネージャを起動します。:C:/Dev/Android/adt-bundle-<os_platform>/SDKManager.exe
    また、ツールバーのSDK Managerを選択することで、Eclipseのを経由して起動します
  2. パッケージ内の[ツール]セクションで、次の(彼らが選択されていない場合)を選択:
    ・Android SDK Tools Rev. 23.0.5
    ・Android SDK Platform-tools Rev. 21
    ・Android SDK Build-tools Rev. 20
  3. 私たちの現在のAndroidのビルドターゲットはAndroid4.4.2(API19)である。API19セクションの下に次の少なくとも選択します。
    ・SDK Platform
    ・ARM EABI v7a System Image
    加えて、AndroidのAPIに対応するための貴重なAndroidのSDKのためのソースをインストールすることもできます。
  4. 最後に、一番下のエクストラの下の次の項目を選択します:
    ・Android Support Library Rev. 21.0.1
    ・Google USB Driver Rev. 11

    図2:Android SDK Manager
  5. オープンのAndroid4.4.2(API19)と、SDK Platform と ARM EABI v7a System Image の項目を選択します。OculusモバイルSDKプロジェクトがAPIレベル19を使用することに注意してください。
  6. Xパッケージのインストール]をクリックします。Xは選択されたパッケージの数である(更新の必要があるものによって異なる場合があります)。
  7. 次のダイアログで、ライセンスに同意し選択します。
  8. インストールとアップデートパッケージへのインストール]をクリックします。希望する場合は、API19の上方追加パッケージをインストールすることもできます。
    Android SDK Tools 23.0.2、Android SDK Platform-tools 20 と Android SDK Build-tools 20は、すべてのSDKで正常に動作することが確認されました。
    更新後のコンパイルに問題がある場合は、AndroidのSDKマネージャを再起動させ、インストールされたパッケージに必要なすべてを持っていることを確認します。
    いくつかのケースで、警告「リソースemma_ant.propertiesから定義をロードできませんでした」と表示されることがあります。
    これは通常、インストールまたは不適切なファイルパーミッションが不足しているコンポーネントに対して表示されます。
    すべてを検証してすべて最新であっても問題が持続するならば、ローカルを削除してみてください。
    プロジェクトフォルダのプロパティファイルと各々のプロジェクトフォルダを次のコマンドで更新します:

    android update project -p .

    実行後、再構築されます。

Eclipseの設定確認

EclipseはあなたのAndroid開発ツールのための適切な場所があることを確認します。

ADTバンドル、例えば付属のEclipseの実行ファイルを起動します:C:\Dev\Android \android_adt_bundle_20140702\eclipse\eclipse.exe.

  1. Eclipseのメニューで Window -> Preferences -> Android
  2. 前のセクションでADTバンドルSDKをインストールした場所のAndroid環境SDKの場所は、例えば、場所に設定する必要があります:C:\Dev\Android\android_adt_bundle_20140702\sdk
Androidのネイティブ開発キット(Android Native Development Kit/NDK)

Androidのネイティブ開発キット(NDK)は、CやC++などのネイティブコード言語を使用して、アプリの部品を実装することができますツールセットです。それは、このリリースに付属するサンプルアプリケーションで広く使用されています。

  1. 次の場所からNDKの最新バージョンをダウンロードします: https://developer.android.com/tools/sdk/ndk/ index.html
  2. ダウンロードしたら、Android開発フォルダにNDKをインストールします。例: C:\Dev\Android\android-ndk-r10c\
  3. PATHにNDKの場所を追加します。例: C:\Dev\Android\android-ndk-r10c\
  4. 環境変数ANDROID_NDKにAndroid NDKの場所を追加・設定する必要があります。例:C: \Dev\Android\android-ndk-r10c

    set ANDROID_NDK=C:\Dev\Android\android-ndk-r10c

NDKを使用するためのEclipse構成
  1. インストールされた場所からEclipseを起動します。例:C:\Dev\Android\adt-bundle-windowsx86_64-20140702\eclipse\eclipse.exe.
  2. EclipseのADTプラグインをダウンロードしインストールします。
    1. Eclipseメニューの :Help -> Install New Software.
    2. 右上の[Add]をクリックします。
    3. 表示されるAdd Repositoryのダイアログで、”ADT Plugin”の名前を選び、次のURLを入力します。:https://dl-ssl.google.com/android/eclipse
    4. OKをクリック
    5. Available SoftwareダイアログでDeveloper Toolsチェックボックスを選択し、Nextをクリックします
    6. OKをクリック
    7. 次のウィンドウで、あなたはダウンロードすることツールのリストが表示されます。 Nextをクリックします。
    8. ライセンス契約を読み、承諾したら、Finishをクリックします。ソフトウェアのセキュリティと信頼性に関するプロンプトを取得する場合は、[OK]をクリック。
    9. インストールが完了したら、Eclipseを再起動します。
  3. NDKのパスを設定します。
    1. Eclipseのメニューから: Window -> Preferences -> Android
    2. Androidの下のNDKを選択します。
    3. NDK LocationフィールドにNDKがインストールされているディレクトリを設定します
      図3: Android NDK

      Androidのセクションの下のNDKオプションが無い場合、Eclipse ADTプラグインのインストール時に何かが間違っています。完全な指示とトラブルシューティング情報をここで見つけることができます: http://developer.android.com/sdk/installing/installing-adt.html#Troubleshooting

Apache Ant

Apache Antのは、Javaライブラリとコマンドラインビルドシステムです。これは、Javaプロジェクトをビルドする単純化する組み込みのタスクの数を提供しています。 Apache Antのプロジェクトは、Apache Software Foundationの一部です。

このリリースでテストされています最新バージョンは、Apache Antの1.9.3であり、次の場所からダウンロードできます:http://ant.apache.org/bindownload.cgi

注: AntのダウンロードページがあるAntのバイナリの明示的な検証について、これはAntを使用するためやAndroidの開発までを取得・実行するためには厳密には必要ではありません。

ダウンロードししたらzipファイルを解凍し、Android開発フォルダに保存します。例: C:/Dev/Android/ apache-ant-1.9.3.

次に、PATHにAntのbinフォルダを追加します。例: C:\Dev\Android\apache-ant-1.9.3\bin

Androidアプリを自動ビルドするためのAntの使用方法の詳細については次を参照してください: http://www.androidengineer.com/2010/06/using-ant-to-automate-building-android.html

OS X向けAndroid開発ソフトウェアのセットアップ

Androidアプリケーションを開発するためには、次のソフトウェアがシステムにインストールされている必要があります。

  1. Xcode
  2. Android Development Tools (ADT) Bundle
  3. Android Native Development Kit (NDK)
  4. Apache Ant
Xcode

すべてのAndroidの開発ツールをインストールする前に、Xcodeをインストールする必要があります。

Xcodeのがインストールされると、(そのようなインストールは、Apache AntまたはJDKなど)は、次の手順の一部は不要であす – Apache Antを含むOS X(10.5以降)の一部のバージョンも、一部にはありません。Mavericks10.9では、Xcodeの5.0.2にはAntがデフォルトでインストールまたは同梱されていないようです。

Java Development Kit

Java Development Kit(JDK8)は(ADTバンドルに含まれている)のAndroidのEclipse IDEだけでなく、Apache Antのための前提条件である。

システム上に存在しない場合は、JDKをインストールしてください。すでにXcodeをインストールした場合は、このステップは不要である。

このリリースでテスト最新バージョンは、JDK8である – それは、次の場所からダウンロードすることがあります: http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/java-archive-javase8-2177648.html

Android Development Tools Bundle

Androidの開発ツールADTバンドルは、Androidアプリの開発を開始するために必要なほとんどすべてのものが含まれています。

ADTバンドルには次のものが含まれます:

  • Android SDK Tools
  • Android Platform Tools
  • Latest Android Platform
  • Eclipse with integrated ADT Plugin
  • Latest System Image for Emulator

: スラッシュ(〜/)が続くチルダ文字は、現在のユーザのホームフォルダの省略形です。
それは、このセクションで使用されている。

  1. ホームフォルダでは、devという名前の新しいフォルダを作成します。OS Xでホームフォルダに取得するには、Finderを開いてCmd+Shiftキー+Hキーを押します
  2. ADTパッケージをダウンロードします :http://dl.google.com/android/adt/adt-bundle-mac-x86_64-20140702.zip
  3. ダウンロードしたら、ADTアーカイブを解凍し(必要な場合)、devフォルダに保存します。
  4. ~/dev/adt-bundle-<version>/eclipseへブラウズし、Eclipseのアイコンをダブルクリックします。次のような警告が表示されることがあります

    : インターネットからダウンロードし、インストール済みのアプリケーションのために、このセキュリティ機能とセーフガードに関するAppleのナレッジベースを参照してください。
  5. これを解決するには、Eclipseのアイコンを右クリックして、[開く]を選択します。再度警告が表示されますが、[開く]を選択します。
  6. 開く]を選択するとEclipseを起動します。あなたはEclipseが実行するためにJRE6必要なメッセージが表示された場合、ダウンロードして、JRE6をインストールします。次に、あなたがあなたのワークスペースを選択するように求めるウィンドウが表示されます
  7. Browseを選択して、検索またはワークスペースのディレクトリを作成します。
  8. あなたは常にこの同じワークスペースを使用する場合は、デフォルトとして使用これをチェックボックスを選択することができ、再度質問しない。 [OK]を選択します。
追加パッケージとツールのインストール

Android SDKは、デフォルトでは開発のために必要とするすべてのパッケージを含みません。始める前に、SDKマネージャーを通して追加パッケージをダウンロードする必要があります。

Eclipseから Window -> Android SDK Manager へ行き、次のようなウィンドウを開きます

スクリーンショット 2015-04-04 3.26.29

  1. いくつかのパッケージはすでにデフォルトでインストールが選択されていることに注意してください。選択したこれらのプロジェクトのままにしておきます。
  2. すでにツールで選択されていない場合は、AndroidのSDKツール、AndroidのSDKプラットフォームツール、およびAndroidのSDKのビルド·ツールを選択します。
  3. オープンのAndroid4.4.2(API19)とは、その下に、SDKプラットフォームとARM EABI v7aシステムイメージのための項目を選択します。
  4. Xは選択されたパッケージの数(それは更新する必要があるものに基づいて異なる場合がありますが)ここで、Xパッケージのインストール]をクリックします。
  5. 次のダイアログで、ライセンスに同意し選択します。
  6. installをクリックしてパッケージのインストールとアップデートをします
    あなたが希望する場合は、API19の上方追加パッケージをインストールすることもできます。AndroidのSDKツール23.0.2は、、AndroidのSDKプラットフォームのツール20とAndroid SDKのビルド·ツール20は、すべてのSDKで正常に動作することが確認されました。
Androidのネイティブ開発キット

Androidのネイティブ開発キット(NDK)2.4は、CやC++などのネイティブコード言語を使用して、アプリの部品を実装することができますツールセットです。それは、このリリースに付属するサンプルアプリケーションで広く使用されています。

このリリースでテストされています最新バージョンは、NDK10である – それは、次の場所でダウンロードできます:https://developer.android.com/tools/sdk/ndk/index.html

ダウンロードしたら、home/dev/Androidフォルダ(~/dev)にNDKを解凍します。あなたのdevのフォルダには、次のようになります。
※太字は翻訳時加筆。Windows時と同様のフォルダ構成に

ADTバンドルとNDKが開発フォルダ内の自分のフォルダ(この場合は、それらのアーカイブのルートにあったフォルダ)に抽出されることに注意してください。

ADTバンドルとNDKが存在するフォルダの名前は、非常に重要ではありません。 、それらが別々のフォルダにあり、開発フォルダに直接抽出されないように、2つのパッケージ間の競合を回避することができる。これは、インストールされているADTバンドルとNDKのバージョンは疑いがないようにするために、上記の命名規則を使用することをお勧めします。

NDKを使用するためにEclipseを構成する
  1. Eclipseを起動してADT -> Preferences window へ行く
  2. Androidの下では、EclipseはAndroidの開発ツールの場所を知っていることを確認します。NDKオプションが欠落している場合、Preferences – > Android sectionから、次のようにEclipseのADTプラグインを更新します。
    1. ダウンロードして、EclipseのADTプラグインをインストールしてください。
      1. Eclipseのメニューから Help->Install New Software へ行く
      2. 右上のAddをクリック
      3. 表示されるAdd Repositoryダイアログで、”ADT Plugin”のNameフィールドを選択し、次のURLを入力します。https://dl-ssl.google.com/android/eclipse
      4. OKをクリック
      5. Available Softwareダイアログで、Developer Toolsのチェックボックスを選択し、Nextをクリックします
      6. OKをクリック
      7. 次のウィンドウで、あなたはダウンロードするツールのリストが表示されます。 Nextをクリックします
      8. ライセンス契約を読み、許諾したらFinishをクリックします。あなたがソフトウェアのセキュリティと信頼性に関するごプロンプトを取得する場合は、OKをクリック
      9. インストールが完了したら、Eclipseを再起動します
    2. NDKパスを設定します
      1. Eclipseの次のメニューへ行きます:Eclipse -> Preferences -> Android
      2. Androidの下のNDKを選択します
      3. NDKがインストールされているディレクトリをNDK Locationフィールドに設定します。
    3. Androidのの下 – > NDKを使用すると、NDKをインストールした場所にNDKフォルダを設定します。
    4. お使いのシステム上のAndroid SDKとNDKの場所を指定する環境変数を設定するには、あなたのグローバルパスにAndroidのツールを追加する
      1. ターミナルを起動します
      2. プロンプトで、3行を次のように入力 ※太字は翻訳時加筆分

        echo ‘export ANDROID_HOME=~/dev/Android/adt-bundle-mac-x86_64-20140702/sdk’ >> ~/.profile

        echo ‘export ANDROID_NDK=~/dev/Android/android-ndk-r9c’ >> ~/.profile echo ‘export PATH=$PATH:$ANDROID_HOME/tools:$ANDROID_HOME/platform-tools:$ ANDROID_NDK’ >> ~/.profile

    5. AndroidのNDK環境が正しく設定されていることを確認するには、新しいターミナルを起動し、AndroidのNDKのsamples/hello-jniフォルダに移動します。すべてが正しく設定されていれば、samples hello- jniアプリケーションをコンパイルするコマンドndk-buildを、実行します。
Apache Ant

Apache Antのは、Javaライブラリとコマンドラインビルドシステムです。これは、Javaプロジェクトをビルドする単純化する組み込みのタスクの数を提供しています。 Apache Antのプロジェクトは、Apache Software Foundationの一部です。

  1. Apache Antをダウンロードします  : http://ant.apache.org/bindownload.cgi
    このリリースでテストされています最新バージョンは、Apache Antの1.9.3です。すでにXcodeをインストールしている場合は、この手順を省略できる場合があります。
  2. ダウンロードしたらADTバンドルとNDKと一緒にあなたの開発フォルダにアリを解凍し(お使いのWebブラウザがあなたのために.zipファイルを自動拡張する場合、またはコピー/移動します)。他のパッケージと同じように、Antは開発中の独自のフォルダにある必要があります。
  3. 環境変数の設定は、システム上のJREとADTの場所を指定して、あなたのパスにAntを追加する
    1. ターミナルを開きます
    2. プロンプトで次の3行を入力します

      echo ‘export ANT_HOME=~/dev/apache-ant-1.9.3’ >> ~/.profile
      echo ‘export JAVA_HOME=$(/usr/libexec/java_home)’ >>~/.profile
      echo ‘export PATH=”$PATH”:~/dev/apache-ant-1.9.3/bin’ >> ~/.profile

      JAVA_HOMEフォルダとどのようにその位置を決定するためにの詳細については、以下を参照してください。

      1. http://stackoverflow.com/questions/18144660/what-is-path-of-jdk-on-mac
      2. http://www.mkyong.com/java/how-to-set-java_home-environment-variable-on-mac-os-x/
  4. $PATH変数と*_HOME変数が正しく設定されている事を確認します。
    1. 新しいターミナルウィンドウを起動(ターミナルから、Cmd + Nを入力)します。新しいターミナルウィンドウからこれを行ってください。~/.profileのを再実行していないためには、環境変数を設定して、元のターミナルウィンドウには、環境変数の更新版を持っていません。
    2. プロンプトで入力します:echo $PATH
    3. 最後にAntのbinフォルダのフルパスが表示されます
    4. 同じターミナルウィンドウのプロンプトで次のように入力します: echo $ANT_HOME
    5. この特定のパスは最後に/binを持つべきではありません
    6. Antのバイナリがパスを介してアクセス可能であることを保証するために、ant -versionと入力します
    7. あなたは、以下のスクリーンキャプチャのようにAntのバージョン情報の出力が表示されます
      エラーが表示された場合は、パスがすべて正しいことを確認します。あなたが何かを修正する必要がある場合は、次のコマンドを使用して、ターミナルから、〜/.profileファイルを編集することができます。

      sudo nano ~/.profile

      あなたは、ファイルと編集テキストをナビゲートするには、矢印キーを使用できる場所は、次の画面のように表示されます

      編集が終了したら、Ctrlキーを押しながら+ X現在のファイルを選択するために入力して、上書き保存にyと応答し、を押します。

トラブルシューティング

デバイスと環境でのトラブルシューティング

デバイストラブルシューティング

サムスン端末でのトラブルシューティング

視界が傾いている

ヘッドセットビューは左または右に傾いている場合は、おそらくセンサーキャリブレーションに問題があります。
センサーを再配向をデバイスを促すには、ヘッドセットを外し、約5秒間は平らな面へ下向きに置きます。
頭上にデバイスを戻すときには、視界が平らでなければなりません。

デバイスが認識(または存在)しない

デバイスが以前正しく動作した場合であっても、認識されなくなった状態に入ることがあります。
Windowsを使用すると、次のダイアログが表示されることがあります。

図13: Windows7

ほとんどの場合、デバイスを再起動すれば問題ありません。デバイスが再接続されるとき、Windowsは時々自動アップデートまたは自動ロールバックに正しいサムスンUSBドライバーのように見えます。この問題が発生した場合、あなたはUSB経由でお使いの携帯電話を接続したときに、ドライバをインストールしているWindowsの通知が表示されるはずです。万が一のときは、正しいドライバを再インストールして下さい。

デバイスが定期的に再接続する

デバイスは定期的にまたはセッションの最中にどれを再接続された状態になる。

Eclipseで次のメッセージが表示されることがあります:

[

解決策:デバイスを再起動します。

環境トラブルシューティング

Android環境でのトラブルシューティング

Antビルド失敗

Antのビルドツールを使用してプロジェクトをビルドするときは、次のようなbuild.xmlのエラーに遭遇する可能性があります。

C:\Dev\Android\android_adt_bundle_20140702\sdk\tools\ant\build.xml:653: The following error occurred while executing this line:

C:\Dev\Android\android_adt_bundle_20140702\sdk\tools\ant\build.xml:698: null returned: 1

あなたはAntのビルドに-verboseオプションを追加する場合は、エラーをなどが表示されます。

invalid resource directory name: C:\Dev\Android\VrTestApp\bin\res/crunch

それが発生する理由は説明が現在存在しない – これは、ライブラリプロジェクトを参照したプロジェクトのために起こるように思われる。問題を解決するには、VrLib/とVrTestApp/で生成されたbin/res/crunchフォルダを削除します。

Eclipseの問題
Androidのツールパスに含まれるスペース

あなたのAndroidツールパスのいずれかにスペースが含まれていないことを確認してください。ある場合は、すべてのパスにスペースなしに最初からインストール手順のすべてに従ってください。例外はデフォルトでインストールされますWindows上のJava Development Kit、あるのは “C:\Program Files (x86)”が32ビット または64ビットのための“C:\Program Files” JAVA_HOMEが( – セクションIV.1.1で注意を参照引用符なし)を適切に設定されているようにそれらのパスは限り許容される。

NDKパスが見つからないBuild/cleanエラー

時にはEclipseは、ソフトウェアのインストールプロセス中にパスを設定していてもNDKパスを失う事がある。
これが起こるときには、以下のようなビルド/クリーンエラーが発生する場合があります。

**** Clean-only build of configuration Default for project VrExperiments **** sh ndk-build clean Error: Cannot run program “sh”: Launching failed **** Build Finished ****

解決策:NDKパスを設定する:Menu -> Window -> Preferences -> Android -> NDK

エラーのために起動することができません

あなただけのアプリケーションを正常に構築されていますが、プロジェクトはあなたがアプリケーションを起動する前に修正が必要なエラーが含まれているメッセージが表示されます。ソリューション:(通常は一番下にある)の問題]タブに移動し、すべてのエラーを削除します。

Eclipse起動時の互換性の警告

すでに23.0.2前にAndroidの開発ツールの既存のインストールを持っている場合、
Eclipseはその上にあなたがSDK Managerからダウンロードしたパッケージによっては起動時には、互換性のエラーが表示されることがあります。

場合によっては、あなたがEclipseに行くことによって、これらの互換性の問題を解決することができるかもしれ – >ヘルプ – >新規ソフトウェアをインストールします。での作業中のURL https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/を追加します。フィールドと追加]を選択します。開発者ツールの下に表示されたパッケージを選択して、リポジトリ「のEclipse」という名前を付け、[次へ]を選択します。

インストールエラーが発生した場合、あなたは(あなたには、いくつかの解決手順を提供する必要があります)これらを解決するか一度に一つのパッケージをインストールしてみてくださいしようとすることができます。あなたがエラーを受信し続ける場合は、以下の手順を試してください。

あなたは、最新のADTバンドルをダウンロードし、(パスを含む)必要な環境変数のすべてが新しいバンドルの場所を指すことを確認していることを確認してください。

新しいADTバンドルインストールからSDKマネージャを起動し、セクションIVに示されるように、必要なパッケージをダウンロードします。

新しいバンドルからEclipseを起動し、
>環境とSDK LocationフィールドがあるあなたはADTバンドルの新しいバージョンをインストールした場所を指していることを確認します – ウィンドウに移動します。 Eclipseですべてのパスとすべてのシステム環境変数が正しく、再起動していることの再確認してください。

 

PAGETOP
Copyright © 近未来ラボ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.